シャンプー後にすること

シャンプー前の準備とそしてシャンプーをしているとき、そしてシャンプーが終わった後の3つがすべてシッカリしたときに、最大の育毛の効果が現れるのではないでしょうか?

もし、終わりまでシッカリとしないと、育毛の効果は半減してしまいます。

では、シャンプー後にすることとは一体どのようなことでしょうか?

それは、髪をシッカリと乾かして、余計な水分を取ることです。シャンプーをするときには十分に髪を濡らしておかないと、シャンプーをするときにキズをつけてしまいます。

しかし、それはシャンプーをするときだけであって、終わったら乾かすことが重要です。乾かすのが面倒だからと自然乾燥にすると、髪や頭皮を痛めてしまいます。当然、お湯などで頭皮が温まっていますので、頭皮が蒸れてしまいます。

髪の乾かし方はタオルで水分を優しくとってください。このときにゴシゴシと力にまかせて拭いてしまいますと、髪の毛や頭皮を痛めてしまいます。

また、ドライヤーを使って髪の毛を乾かす方法もあります。スグに乾かそうとして熱風を長時間当てますとやはり痛めてしまいます。ドライヤーを使って乾かすときには、頭部から15cmから20cmくらいあけてドライヤーを使ってください。

少し面倒に思われたかもしれませんが、育毛のためにはとても重要なことです。

シャンプーブラシは必要なの

シャンプーブラシについて、あなたはこれを使ってシャンプーをしているでしょうか?

通常、シャンプーは手の指先を使ってシャンプーをします。 しかし、それだけではどうしても洗い残しが出てくることがあります。

そこで活躍するのがシャンプーブラシになります。

ブラシはやわらかい材質でできていて、指先の代わりになり、効果的にシャンプーができるのです。もしかしたらすでに使われている方もいるかもしれません。

では、シャンプーブラシは必要でしょうか?

これは必ずしも必要とは限りません。あなたが使いたいと思ったら使ってもいいですし、それは自由です。

ただし、シャンプーブラシを使うときには注意があります。

それはゴシゴシと強くブラッシングをしないことです。強くしてしまいますと、頭皮の汚れを落とせるどころか、かえってキズをつけてしまいます。また、あわせて皮脂を余分に落としてしまう可能性が考えられます。

また、髪の毛が長い方の場合には、ブラッシングすることによって、髪が引っかかり切れてしまうことも考えられます。もし、あなたがゴシゴシと強くやりすぎていることがありましたら、注意してくださいね。

シャンプーをする時間の長さ

 最初にシャンプーの手順に関してはどのような手順があるのでしょうか?これは大きく分けて3つの手順に分かれます。

最初の1つ目の手順は髪の毛を濡らすことです。この時間は髪の毛の量にもよりますが2~3分をかけてください。

このときのお湯の温度は38度前後が適温です。お湯の温度が熱すぎますと、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。

逆に低すぎますとキレイに汚れを取ることができません。お湯の温度までは気にしていなかったかもしれませんが、これからこのあたりも注意してシャンプーをしてください。

2つ目の手順はシャンプーをして実際に洗うことです。この時間もだいたい2~3分が目安です。シャンプーというのは髪の毛のみを洗いがちですが、頭皮もシッカリと洗うことを忘れないでくださいね。また強くこすりすぎないようにも注意が必要です。

 最後の3つ目の手順はすすぎになりますこれも他の手順と同じで2~3分が目安です。髪の毛の表面だけではなく、頭皮の部分の汚れも落とすように意識をしてください。

これらの手順をあわせて、合計8分前後を目安にシャンプーをしてくださいね。

シャンプーをする前にすること

せっかく育毛シャンプーを購入して、あなたの髪の育毛をするわけですから、この機会にシャンプーの方法についても意識してみてはいかがでしょうか?

そして、育毛シャンプーの効果を高めるにはシャンプーそのものだけではなくて、シャンプーをする前の準備も重要です。

「始め良ければ終わり良し」ではありませんが、最初でつまずいてしまうと、育毛の効果の薄いシャンプーになってしまいます。では、シャンプーをする前にすることはどんなことでしょうか?

まずは、いきなりシャンプーをするのではなく、髪の毛をシッカリと濡らすことが重要です。髪の毛を濡らしておくことによって、それが潤滑剤の代わりとなって、シャンプーで髪の毛をこすり合わせるときに、髪にダメージを与えることが少なくなります。

または、軽くブラッシングして、汚れを落としておくことも重要です。シャンプー用のブラッシングもありますので、それを使用することをオススメします。

とはいってもブラッシングを強く何度もしてしまいますと髪の毛だけではなく、頭皮も痛めてしまいますので気をつけてください。

そして、これらの準備ができてから、シャンプーをしていくことをオススメします。

さっそく今日からこの方法を試して、髪の毛や頭皮に優しいシャンプーをしてくださいね。

皮脂は取りすぎない

シャンプーというのは髪の汚れと、頭皮の汚れを落とすことが目的になります。そして頭皮というのは皮脂というのが必ずあります。

人によっては皮脂が薄毛の原因になっている発毛の阻害をしているという人もいます。

では、育毛シャンプーを使ってシャンプーをするときには、皮脂も取り除いた方がいいのでしょうか?

頭皮をキレイに保つためには取り除いた方がいいですが、過度に取り除くことは必要ありません。なぜなら、皮脂というのはなくなればさらに皮脂が分泌されるからです。

では、皮脂というのはどんな役割があるのでしょうか?

これは頭皮を保護する膜のようなものです。そのため、それを取り除こうと必死になりすぎると、それを補おうと皮脂が分泌されます。

それをしすぎるということはシャンプーをするときに、頭皮を痛めてしまいます。髪の毛が生える頭皮をキズつけてしまったら、皮脂は取り除けても髪の毛は生えにくくなってしまいます。

また、過剰にしすぎると今度は皮脂が多めに分泌されてしまい、頭皮が脂っぽくなる可能性があるので注意してくださいね。

育毛シャンプーの頻度

育毛シャンプーの頻度は頻度はどのくらいが適切なのでしょうか?

これは、あなたの状況や髪質、季節や環境などにもよります。例えば夏場のように汗をかく時期の場合には、シャンプーの頻度が少ないと、頭皮に汚れが多くつくことになるためあまりよくありません。

また、頭皮は汚れていなくてもヘアスプレーやワックスなどを使っている場合にも、実は髪にはあまりよくありません。もちろん、肌につけるもの、つくものですから安全性には気をつけています。

しかし、シャンプーをしないでそのまま寝てしまいますと、やはり髪にはよくありません。そのため、人によっては毎日洗うことをオススメします。

冬場のようにあまり汗をかかない場合、ヘアスプレーやワックスなどを使っていない場合には、シャンプーの頻度はもう少し開けても大丈夫だと思います。

ただし、やってはいけないのは、育毛効果を高めたいからといって、1回のシャンプーで何度も洗うことです。頭皮や髪はキレイになるかもしれませんが、かえって頭皮をキズつけてしまうこともあります。

もちろん、シャンプーのしすぎもよくありませんので、該当の育毛シャンプーの使い方を読むことをオススメします。

育毛シャンプーで毛は生えるの

結論から言いますと、育毛シャンプー自体には、育毛する効果はありません。

あくまでも、シャンプーです。

育毛シャンプーは、頭皮の環境を育毛しやすい環境を整えるためのアイテムです。

いくら、よい育毛剤を使っても、頭皮の環境が悪いと効果も半減します。その為に、育毛シャンプーで、頭皮環境を整えてやるわけです。

また、頭皮への働きかけについても、個人個人の差によって大きく変わります。つまり、実際に育毛シャンプーを使って、試してみないと分からないことが多いのです。

また、いくら育毛シャンプーを使って、髪の毛を洗っているからといって、不規則な生活をしている、また食生活が乱れていたら、体によくありません。

髪の毛というのはどこから生えてくるのかといったら、私たちの体ですよね?髪の毛にとって体というのは、土地のようなものです。

その土地が不健康だったら意味がありませんよね。また、髪の毛がそれほど減っていない状態と、かなり減っている場合でも当然変わってきます。

商品説明で言えないこと

シャンプーは、いろんなメーカーで販売されています。あなたもテレビCMや新聞の折り込みに入っているチラシ、または直接スーパーやホームセンター、ドラッグストアで実際に手にとって見たのではないのでしょうか?

例えば育毛シャンプーのテレビCMやネットショップでは、とても効果が期待できるような表現がされています。それは視覚効果やデザインなどももちろんあります。

あなたもそれを見て、これは効果が期待できるなというのを感じて購入してみようかなと思ったかもしれません。

ところが、育毛シャンプーでは商品の説明をするときに、法律上言えないことがあるのです。

それは、育毛の効果があるとか、髪の毛が必ず生える、薄毛が治りますなどといった内容です。

実は効果や治るなどの表現は、病院や医薬品に当てはまるものでないと言えないのです。

では、育毛シャンプーの場合には、よく発毛促進とかの表現を見たことはないでしょうか?育毛シャンプーは法律上、医薬品ではなく、医薬部外品または化粧品になるため、効果を直接言えないのです。

そのため法律に触れないような表現で、発毛促進という言葉を使っているのです。あくまでもそういうのを期待できますよ、とテレビCMやネットショップの商品説明で間接的に伝えているのです。

これを見て、あなたはもどかしく感じたかもしれません。

しかし、このことを知っているか、知っていないかによって、宣伝文句だけでだまされることなく、あなたにあった育毛シャンプーを選ぶことができるのです。

抑えておきたい薬事法

育毛シャンプーのことを知るうえで覚えておいた方がいいのが、この薬事法です。

薬事法と聞いて、難しそうだな、そんなことを知って何の意味があるの、と思われたかもしれません。

もちろん薬事法を知っておいた方がいいからといって、法律の内容の条文から含めて、すべて覚える必要はありません。

実はこの薬事法を知っているだけで、育毛シャンプー以外にも薬などを購入するのにも役に立つからです。

そして、ここで抑えておきたい薬事法というのは3つのキーワードです。それが、医薬品と医薬部外品と化粧品です。

では、1つ目の医薬品ですが、これは病院で処方される薬になります。薬の中には取り扱いに注意するものがあり、そのため病院でしか取り扱うことのできない薬です。そのため、基本的には私たちは医薬品を直接購入することはできません。

2つ目が医薬部外品です。これはおもにドラッグストアに販売されている薬がこれに該当します。コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで私たちが購入できるのは、この医薬部外品です。これは医薬品に近い効果が期待できるものです。

3つ目が化粧品です。これは安全性を重視した成分を元に体や肌などを清潔に保つもの、美化のために使われるものです。

育毛シャンプーは基本的に、医薬部外品か化粧品のどちらかになるのがほとんどです。

それを知ってどんな意味があるのか思われたかもしれません。それに関しては次の内容で詳しく説明していきます。

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは大きく分けて人工的に作られた成分と天然のもの、つまり自然成分から作られた成分があります。

人工的に作られた成分とは、化学物質を元に作られたものです。こちらの場合には、製造工場などで大量に作ることができるので、コストを安く抑えることができます。

もちろん、それが価格にも反映されます。この人工的に作られた育毛シャンプーは価格も安くなります。

そして、もう1つの自然成分から作られた育毛シャンプーですが、こちらの方が価格は高めになります。どうしても自然成分から作るため、大量生産ができないからです。

しかし、自然成分で作られた育毛シャンプーだからといって、シャンプーボトルに入っている中身がすべて自然成分とは限りません。

人工的に作られた成分を元に、自然成分を配合していることもあるからです。自然成分の配合量を抑えることができれば、育毛シャンプーの価格を抑えることができるからです。

では、どちらの方がいいのかといったら、どちらがよくて、どちらが悪いということはありません。育毛に効果があれば、どちらの成分であっても問題はないのです。

 

育毛シャンプーの種類

育毛シャンプーをいざ買おうと思っていても種類が多すぎて困ってしまいます。

シャンプーの種類は、主に以下の3つの種類に分けられます。

  1. 石鹸系シャンプー
  2. アミノ酸系シャンプー
  3. 高級アルコールシャンプー

実は、育毛シャンプーには正式な定義はありませんが、一般的には、育毛シャンプーと言えば、アミノ酸シャンプーのことだと言えるかもしれません。

アミノ酸系のシャンプーとは、界面活性剤に科学的な成分ではなく、自然のアミノ酸系の成分を使っているシャンプーです。

育毛シャンプーの種類としては、界面活性剤としてのアミノ酸の種類で分類することができます。