育毛を阻害する行為は

育毛というのは、髪の毛や頭皮のことばかりをケアだけしても意味がありません。

もちろん、そのケアもすることは重要です。しかし、それとあわせて育毛の土台となる、あなたの心と体のケアも大切です。

分かりやすく書けば体質改善をすることが、育毛の効果を高めるかどうかのバロメーターといっても過言ではありません。

とはいっても、体質改善をしたとしても、それと一緒に育毛に悪い習慣もあわせてしていたら意味がありません。

車に例えればアクセルとブレーキを踏んでいる、そんな状況ですね。では、育毛を阻害する行為というのは、どのようなことでしょうか?

まずは、私たちが生きていくために必要な睡眠です。この睡眠が不規則だったりすると育毛にも影響します。育毛に影響するということは体にも悪いことになります。

実は睡眠をとっているときに、あなたの体はせっせと育毛に関して働いてくれていることを、あなたはご存知でしょうか?特に夜の22時から2時くらいは、成長ホルモンが多く分泌されます。この時間帯には寝ていることが必要というわけです。もし、夜更かしをして2時、3時まで起きている場合には、かえって育毛には悪い行為になるのです。

また、タバコなども育毛にはよくありません。育毛には新鮮な空気と血液が必要です。ところが、タバコはこの2つを阻害してしまいます。タバコを急にやめるのは大変かもしれません。

しかしそれにより育毛に効果が出るばかりではなく、体質もよくなったら、タバコをヤメる価値は十分にあるといえるでしょう。